高卒でも就職できる資格.com

Webデザイナー検定について

Webデザイナー検定は、
ビジネスベースでWebに関わる人向けにWebの標準的知識を認定する資格です。

 

具体的には、Webサイトのデザインでは、コンセプトや日程、予算など、
一定の条件の下に活用できる企画やプレゼンテーション、制作、テスト、評価運用の知識が求められ、
Webサイト構築のための総合的知識、
よりよいインターフェイスを可能にできる技術的理解度が評価されます。

 

Webデザイナー検定は、受験資格に制限のない民間資格で、
難易度はそれほど難しくはないといわれています。
Webコンテンツ制作会社などへの就職の際には必須資格となりますが、
WebデザインやWebプログラミングの資格を取得したり、
実務経験があると就職に有利です。
採用の際には、今までの作品を見られる事も多く、
しっかりとしたデザインセンスとHP作成の知識が必要です。
資格がなくても、センスがあれば採用される事も。
逆に、資格を取得していてもデザインセンスがないと就職は難しい現状にあるようです。

 

仕事の内容は、Webデザインやディレクション、プロデュースまでの一連の作業などです。

 

資格取得のための勉強は、テキストで独学、
学校で受講、通信講座で受講するなどの方法があります。

 

「Webデザイン技能検定試験」と言う、Web関連初の国家資格もあります。
この国がウェブデザイナーの技能を公証する資格を取得すれば、
ウェブデザイナーの地位を高めることができます。
Webを学ぶことができる信頼できる学校に通って、
しっかり学ぶことで、国家資格合格への道が早まりそうですね。


FX業者選びのポイント