高卒でも就職できる資格.com

作業療法士について

作業療法士は、身体障害や精神障害、小児の発達障害、高齢に伴う障害など
様々な分野でのリハビリテーションの場で、
理学療法士や言語聴覚士と一緒に活躍する医療や福祉会のスペシャリストです。
作業療法士は、「理学療法士及び作業療法士法」と言う法令で定められる国家資格の名称で、
機能の回復や維持、開発を促す作業活動を使用しながら治療や指導、援助を行います。
入浴や摂食などの日常生活動作、職場復帰まで作業療法士が深くかかわり、
障害を負った人の自立生活の援助を行い、生活そのものをサポートします。

 

作業療法は、手芸や工芸、遊び、スポーツ、会話、食事・入浴など、
様々な作業を通して障害のある人の日常生活の向上の手伝いをします。
例えば手芸では、編み物やビーズ細工、芸術では音楽や俳句、写真など、
遊びではトランプや将棋、スポーツではソフトボールやサッカー、散歩、ダンス、
生活では食事や料理、掃除、読書など・・・
生活の中に登場するすべての行動が作業療法に適用されます。
理学療法士は、機能の回復(立つ、歩く、曲げる、伸ばすなど)を目指すことが目的ですが、
作業療法士は、作業を通じて、日常生活を実践的に訓練するという点で、
理学療法士と作業療法士は異なります。

 

現在はあまり知名度はありませんが、医療や福祉の在り方に大きな変化が見られる昨今、
リハビリの需要は拡大しています。
それに伴い、作業療法士の重要性も高くなっていますし、
社会で求められていくことも増えてくるでしょう。

 

作業療法士になるためには、「作業療法士国家試験」に合格しなければなりません。
そして、作業療法士国家試験の受験資格は、以下のいずれかに該当することが必要です。

 

・作業療法士養成学校で3年以上履修する
・理学療法士資格保持者
・海外で作業療法士の免許を取得した人、或いは作業療法を学んだ人

 

ですので、「高卒だけで取得できる資格」にはなりませんが、専門学校で学べる資格になります。
作業療法士の資格取得者は、まだまだ十分な数には達していません。
お年寄りや、心身に障害のある方たち、子供の発達障害、スポーツ医学の分野など、
幅広い人たちに対する作業療法士が必要です。

 

また、リハビリテーションの専門家である作業療法士は、
機能の回復だけでなく、生活への復帰や職場への復帰の道をサポートするのが仕事ですから、
担当する方の内面に深く立ち入る必要性があります。
このため、人間的に優れた人材が求められています。
コミュニケーション能力も磨き、それぞれの人に合った援助を提供できるような作業療法士を目指したいですね。

 


FX業者選びのポイント