高卒でも就職できる資格.com

司法書士について

司法書士は、登記申請の代理をする仕事です。
司法書士は法律系国家資格ですが、
同じように法律系国家資格で、独立開業を狙える仕事に『行政書士』があります。
一般的に行政書士よりも司法書士の資格のほうが難易度が高いといわれています。
また、仕事内容も士法曽書士と行政書士では大きく異なります。
自分がどのような仕事をしたいかによっても取得すべき資格の選択が異なります。

 

例えば、不動産を買ったときに名義を書き換えたり、
銀行から不動産を担保にお金を借りる時に
抵当権の設定登記をしたりする仕事「不動産登記業務」をします。

 

また、会社やNPO法人を設立したり、その役員を変更する時に
法務局に届け出なければなりませんが、
その代行「商業(法人)登記業務」も行います。

 

さらに、「訴訟代理業務」もあります。
従来は『裁判』と言うと弁護士が主でしたが、
法改正によって法務大臣の認可を受けた司法書士が、
簡易裁判所に限って弁護士と同様の訴訟代理業務を行うことができるようになっていますし、
裁判外で和解交渉なども代理することができるようになりました。

 

他にも、「成年後見業務」や「遺言・相続のアドバイス」、「法律相談」などの仕事もあります。

 

このように司法書士の仕事範囲は、日常生活に密着しています。
司法書士資格を取得すれば、独立して開業する事もでき、
社会的ステータスも高く、努力次第で高収入も可能です。
難関資格と言われますが、資格取得後のメリットが高く、
「くらしの法律専門家」として、周りから頼りにされ、活躍できる、
社会貢献度の高い仕事です。

 

司法書士試験は、年齢や性別、学歴などの制限はなく、
誰でも受験をすることができます。
難関資格ではありますが、
法律に関する知識がない人でも受験対策をすることによって合格を狙うことができます。

 

ただ、試験科目は、憲法、民法、商法(会社法)、刑法、不動産登記法、商業登記法、
供託法、民事訴訟法、民事執行法、民事保全法、司法書士法問いようにとても広範囲です。
この範囲を独学で学ぼうと思うと大変です。
適切なテキストを使用し、適切な講座を受け、
ポイントを絞った学習をすることで、
合格への道が早く開けるでしょう。

 

司法書士の合格率は3%。

 

法律国家資格の中でも難関レベルなのが司法書士資格です。
ですが、難関だからこそ取得する価値があり、社会的ステータスも高くなります。
この機会に挑戦してみてはいかがでしょうか。


FX業者選びのポイント