高卒でも就職できる資格.com

OracleJava資格について

OracleJava資格は、Oracle Microsystems社が認定している資格で、
Java言語の包括的な知識やJavaプレットなどの基本的な技術、
また実践的な開発力・設計力を認定する資格試験です。

 

OracleJava認定資格は、プログラミング言語の中でも現在最も人気がある言語の一つで、
汎用性の高さやインターネット環境にとても適しているものです。

 

OracleJava資格試験では、Javaプラットフォームのプログラミングに対する一定レベルの能力を証明することができ、
認定によって、プログラマや開発者が自分の昇進に役立つスキルを身につけることが可能になりますし、
マネージャーは、スタッフがJavaテクノロジーの高度なスキルを持つことで生産性の向上を図ることができ、
スタッフのスキルレベルを適正に確保することが可能になるなど、多くのメリットがあります。
ですから、基幹系アプリケーションでJavaテクノロジーが使用されることに伴い、
Javaテクノロジーの専門家を求める企業では、OracleJava認定資格が要求されることが多くあります。

 

OracleJava認定資格を取得すると、通信会社やWebコンテンツ制作会社、
アミューズメント関連企業などへの就職が適します。
色々な表現が駆使される昨今ですが、OSに依存しないJavaの技術は特に重要視されていますし、
Javaのプログラマーの数も不足しています。
ですから、Javaプログラマーの求人は多く、資格取得は就職や転職に有利になると考えて良いでしょう。

 

仕事内容は、システムエンジニアやネットワークエンジニアが作成したシステム開発仕様に基づき、
Webサーバーの構築やWebアプリケーションシステムなどの開発を行います。
商品管理データベーなどのシステム開発もありますが、
ネットワーク系や音楽配信などのエンターテイメント系もあるので、
趣味を生かした仕事をすることができます。

 

受験資格は特になく、男性でも女性でも誰でも受けることができます。

 

試験の結果は即時に分りますが、合格率は未公表です。

 

情報系の専門学校に通い、Webについて幅広く学び、
色々な試験を受ける中でOracleJava資格も取得する人が多いようです。


FX業者選びのポイント