高卒でも就職できる資格.com

行政書士について

行政書士は、独立する事もでき、
就職や転職にもとても有利になる法律系国家資格として、
国家資格の中でも最も人気がある資格だといわれています。

 

弁護士や司法書士のように、法律を扱う国家資格である行政書士は、
「業務独占資格」ですから、医師などと同じように
資格を持っていないとすることができない業務も行うことができます。

 

また、行政書士になると、バッジをつけて仕事を担います。
このバッジは、コスモスの花弁の中に『行』の文字がデザインされ、
調和と真心が表されていて
国民と行政をつなぐ法律の専門家であることを証明するものです。

 

行政書士の仕事は、「書類作成業務」、「書類提出手続き代理業務」、
「契約書等代理作成業務」、「相談業務」などがありますが、
行政書士が扱う書類は数千種類以上で、
法律を知らないために損をしてしまいがちな国民を、
法律の知識で助けることができるなど、やりがいのある仕事ですし、
頼りにされる仕事です。

 

また、独立開業する事も可能ですから、
会社に勤め、上司や会社に縛られず、自分のペースで働くことができ、
生活をすることができます。
勿論、行政書士の資格を持っていれば、
法律の専門家としての知識を活かすことができるので、
就職や転職にも便利です。

 

行政書士の試験内容は、国家資格というだけあり、難しいと思われがちですが、
法律系資格の中では比較的易しい資格試験だといわれています。
法律の初学者であっても、十分合格することができるでしょう。
ただ、独学では、法令の分野では、憲法、行政法、民法、商法、基礎法学、
一般知識の分野では、政治、経済、社会、情報通信、個人情報保護、文章理解というように
広範囲な試験内容の中でポイントを絞って勉強することが難しいと思われます。
講座を受講するなど、適切な勉強の仕方をすることで、合格への道が早く開けてくると思います。

 

行政書士資格の受験資格には制限がありません。
誰でも受験することができます。
そして、取得した資格の有効期限は一生有効です。

 

行政書士資格試験は、社会情勢や変化に伴い、年々難しくなる傾向にあります。
取得を考える場合は、早めの受験・資格取得が薦められていますので、
受験を考えるのであれば、早めに行動したほうが良いかもしれません。


FX業者選びのポイント