高卒でも就職できる資格.com

メディカルドクターズクラークについて

メディカルドクターズクラークは、その名の通り、
医師の事務的サポートをする仕事です。
日本語で言うと「医師事務作業補助者」ということになります。

 

メディカルドクターズクラークは、
医師の事務の補助をする人たちを病院に配置することを厚生労働省が決定し、
できた職種です。
つまり、メディカルドクターズクラークの配置は、
日々の仕事で忙しい医師の事務作業の負担を、
なるべく軽くすることができるようにと言う目的があります。
そして、メディカルドクターズクラークが医師の事務的作業を担うことにより、
医師は医療行為に専念することができるというメリットがあります。

 

具体的な仕事内容としては、
診断書の作成、処方箋の作成、検査の予約、手術の予約、診察の予約、紹介状の作成などを、
医師の指示を受けながら行います。
また、診療に関するデータの管理やカンファレンスの準備、病院内の様々な状況の管理、
電子カルテへのデータ入力、検査や処方の入力、伝票の起票、検査結果の出力、
感染症や緊急医療情報・事業に関する情報の行政などへの報告などがあります。

 

メディカルドクターズクラークは、国家資格ではないので資格がなければ働けないということではありませんが、
医師の仕事を代わって行うことになるため、
まずは「信頼」が必要です。
その「信頼」を得るには、人間性は勿論、「資格」も必要です。

 

メディカルドクターズクラークの試験資格を得るためには、
特定の教育訓練ガイドラインに適した内容を履修すること、
半年以上の実務経験などを有することが必要ですが、
通信講座を受講することによってこの受験資格をクリアできます。

 

専門的な書類の扱いや、仕事内容になりますから独学で学ぶことはほぼ不可能です。
(医療現場で働いている人であれば可能です)

 

メディカルドクターズクラークは、厚生労働省が力を入れて推進している新しい資格ですから、
今後、医師事務作業補助者の活用は広がって行くことが予測されますし、
メディカルドクターズクラークの資格は、医師の事務作業だけではなく、
医療事務の資格も同時に取得することができます。

 

過酷な業務に負われる医師のサポートをすることができ、
医療現場のクオリティを高めることができるメディカルドクターズクラーク。
とてもやりがいのある仕事ですし、今後需要が伸びて行くと思われますし、
就職や転職、スキルアップにも役立つ資格であるといえるでしょう。


FX業者選びのポイント