高卒でも就職できる資格.com

調剤薬局事務士について

調剤薬局事務士は、保険調剤薬局で忙しい薬剤師をサポートし、
医師が交付した処方箋の受付や会計、
保険請求分のレセプト作成などの事務作業を担当します。
患者さんに接する仕事ですから、思いやりや優しさが必要ですし、
処方箋の内容をしっかり理解し、調剤に必要とした「調剤報酬」を計算する知識、
そして、レセプト作成のスキルを要します。

 

調剤薬局事務士は、多くが病院の薬剤部や保険調剤薬局で働いていますが、
支払基金やシステム開発で働く人もいます。

 

調剤薬局事務士の資格を取得すると、
全国どこでも働くことができますし、社会情勢に関係なく就業先があるので経済力が安定します。
また、ライフスタイルに合わせた就業形態を選ぶことができますし、
資格取得により就職や転職にも有利です。

 

受験資格は特にありません。
年齢制限も、性別も問われませんので、
誰でも受験をすることができます。

 

子供が学校へ行っている間だけと言うような働き方も可能です。
調剤薬局事務士は、子育て中のお母さんにも人気のある資格です。

 

処方箋の内容から調剤報酬を計算するスキルは専門性が高いので、
有資格者は全国の保険調剤薬局で評価されています。

 

調剤薬局事務士の学習は、レセプトをとにかくたくさんかくことで
読み取り能力やレセプト作成のポイントがつかめるという人が多いようです。
ですが、レセプト作成だけでなく、
試験は、薬に関する基礎知識、処方に関する基礎知識、医療保険制度、
保険薬局及び保険薬剤師療養担当規則に関する専門知識なども出題されます。
通信講座などのカリキュラムの沿って勉強を勧めていくと良いですね。

 

調剤薬局事務士は、薬の知識はなくても大丈夫です。
薬を扱うのは共に勤務する「薬剤師」の仕事です。
患者さんから薬について質問をされる事もありますが、
その対応は調剤薬局事務員の仕事ではないので、薬剤師さんに取次ぎをします。

 

結婚をしても、主婦になっても、子育てをしていても、引越しをしても、
全国どこでも働くことができる調剤薬局事務士を目指してみませんか?
患者さんとの対応の仕事もあるので、
接客が好きで、几帳面さを持ち合わせている人に向いています。
また、パソコンへの入力業務もあります。


FX業者選びのポイント