高卒でも就職できる資格.com

介護事務管理士について

介護事務管理士は、
介護サービスの利用を希望する方に対する受付業務や介護サービス内容と必要な手続きの説明、
介護施設経営者(事業者)や介護スタッフとの連絡調整、
関連する書類の管理など、
ケアマネージャーが作成したサービス提供票に基づき介護報酬請求に関わる事務作業やレセプト作成など、
各介護施設でケアマネージャーが行う介護事務全般をサポートする事務の専門化として活躍します。

 

受験資格は特にありませんから、誰でも受験することができますし、
年6回(奇数月)の第4土曜日に試験が行われていますから、
取得しやすい環境が整っている資格試験であるといえます。

 

ただ、介護事務を専門に行う人の求人はあまりありません。
ヘルパーの仕事もすることができ、且つ事務の仕事もできる人材は求められます。
介護事務は資格がなくてもできる仕事ですから、
資格ではなく経験を重要視している介護施設が多くあります。
ですが、現在、ヘルパーとして働いているのであれば、
介護事務管理士の資格を目指し、有資格者としてのスキルアップを図る事も良いと思います。

 

介護事務管理士をはじめとした、介護事務の仕事は、
確かに資格がなくてもできる仕事なのですが、
今後、高齢化社会がますます加速してきます。
ですから、取得をしておくことは決して損はありません。
自分が実際に介護の仕事に関わらなくても、
自分の家族が介護サービスを受ける立場になる事もあるでしょう。
そのようなときに、介護事務の仕事について学んでおくことにより、
その知識が役に立つはずです。

 

介護事務管理士は、介護保険制度の仕組みを学ぶことができる資格試験です。
難易度は比較的易しい部類に入ります。
通信講座だけでなく、本屋さんの書籍で学ぶ人も多く、独学でも学ぶことができる資格です。

 

就職や転職に有利になるために取得をするのであれば、
ホームヘルパーなどの資格と合わせて取得することをおススメします。
慢性的な人で不足の状況にある介護施設では、
ホームヘルパーの仕事と合わせて事務の仕事も正確にすることができいる人材が求められますから、
併せて取得することで、給料の面や地位の面で優遇される可能性があります。
事務経験・実務経験を併せて持つことで、
自分のスキルのアピールも可能ですから、
スキルアップのための転職にも有利になるでしょう。


FX業者選びのポイント