高卒でも就職できる資格.com

ケアクラーク 技能認定試験について

高齢化社会が進む中、介護系職業のニーズは急速な高まりを見せています。

 

ケアクラークは、介護施設における事務の仕事をする人のための認定資格試験です。
ホームヘルパーやマネージャーが、効率的に働くことができるよう、
また、介護保険制度を円滑に運用していくために必要な介護保険事務を担います。

 

ケアクラークの就職先は、介護施設をはじめとして、
病院や老人保健施設、介護保険委託事業者などがあります。

 

介護事務には色々な種類の資格がありますが、
ケアマネージャーは、ヘルパーやケアマネージャーが介護サービス費用についての請求をしなければならない時などに、
それらの事務を代行して行うのがケアクラークです。

 

ケアクラーク資格の難易度ですが、
比較的易しいといわれています。
通信講座やスクールなどでポイントを得た学習をすると、
2ヶ月もあれば資格取得は可能です。
働きながら、マイペースで勉強を勧めている人でも、
半年程で、この資格を受験し、取得しています。

 

ただ、ケアクラークは受験資格があります。

 

受験資格とは、
「ケアクラーク技能認定試験受験資格に関する教育訓練ガイドライン」に沿った教育課程を履修すること、
つまり、通信講座やスクールで学習すること、
或いは、「介護事務としての実務経験が6ヶ月以上あること」です。

 

介護事務の業務をする人に対して、知識や技能を認定するケアクラーク技能検定試験では、
介護保険制度、介護給付費明細書記載、社会福祉サービス体系、人間関係、
ヘルパーステーション等における事務などを学び、知識を習得することが必要です。
また、コンピュータ学習では、
電子請求、居宅介護支援データ、居宅・施設サービスデータの入力やレセプト作成なども試験に出ます。
ですから、独学で勉強をすると言うよりも、
通信講座やスクールでポイントを得た学習をするほうが、試験合格への道は近そうです。

 

ケアクラークは、資格がなければ就職できない職種ではありません。
ですが、財団法人日本医療教育財団主催の「ケアクラーク技能認定試験」は公的資格ですから、
取得すれば就職や転職に有利になります。
受験資格を満たさなければならないので、急に思い立ったからと言って取得することができる資格ではありませんが、
将来的にも、介護事務職の専門家はニーズが高まってくるでしょうから、
取得しておくと良いと思います。


FX業者選びのポイント