高卒でも就職できる資格.com

介護事務実務士について

介護事務実務士 は、介護報酬請求事務の従事で求められる一定の能力が有することを証明する資格で、
NPO法人医療福祉情報実務能力協会が実施している
介護情報実務能力認定試験の合格者に与えられる称号です。

 

介護事務実務士の仕事は、応対や受付、診断書や証明書の作成、
レセプトの作成、ケアマネージャーの業務のサポートなどです。

 

介護事務実務士になるための学習は、
スクールに通ったり、通信講座で行ったりして取得する人が多いです。
通信講座では、自分のパソコンの中に
介護事務の現場で使用されている介護支援コンピュータをダウンロードして行う
実践的なに用になっています。

 

つまり、介護事務実務士の勉強をすると、
即戦力となって介護事務の現場で働くことができます。

 

就職は、医療機関や福祉施設、介護施設、老人保健施設、介護保険委託事業者などになります。
この資格だけで、就職は難しく有利ではありませんので、
ホームヘルパーなどの資格と併せて取得すると良いと思います。

 

介護の現場では、慢性的な人手不足の状況が続いています。
ヘルパーの仕事もすることができ、且つ、
事務の仕事も性格に行うことができる介護事務実務士は重宝されます。

 

現在、ヘルパーとして働いている人が、
自身のスキルアップとして、この資格を取得する人も多くいます。

 

ヘルパーなどの資格と併せて取得することで、
給料面でも優遇される可能性があり、
スキルアップのための転職でも、有利になるはずです。


FX業者選びのポイント