高卒でも就職できる資格.com

ホームヘルパー

ホームヘルパーは、「身体の介護」、「家事のサポート」、「相談・助言」など、
高齢者や障害者の家庭を訪ねてサービスを提供する仕事をします。
そして、介護を必要とする人が、自立した生活をすることができるよう
考え、助言し、相談にのり、サポートをしていきます。

 

仕事内容は、例えば、「訪問介護」と言っても様々です。
家庭のお風呂では入浴が困難な人に対して利用者の家まで特殊な浴槽を持ち込み、
複数人で入浴の介助を行います。
また、看護師と共に利用者の家に行き、
看護師が行う療養する上で必要な呼吸器の管理や床ずれの処置など医学的管理のサポートをしたり、
理学療法士や作業療法士と共に訪問し、
利用者の身体を支えるなどの仕事をします。

 

また、デイケアセンターに勤務し、利用者の身体介護やレクリエーションの指導もします。
食事や入浴、手芸や工芸、カラオケなどのレクリエーションをサポートしたり、
リハビリを行う利用者の身体を支えるなどのサポートもします。

 

ホームヘルパーの厳密な受験資格はありませんが、
介護保険制度に定められた一定の養成研修を受け、資格を取得することになります。
そして、資格を取得していなくても、介護サービスを提供する事業者は、
ホームヘルパーの養成研修を受けた人を雇用することが必要とされているので、
介護事業所などでヘルパーとして働くには、ホームヘルパー養成研修を受けることは必須です。

 

ホームヘルパーの資格は、2・3級の養成研修は未経験でも受けることができますから、
意欲があれば、誰でも目指すことができます。
1級は、かなり難しくなり、実務経験が必要になります。

 

指定を受けた学校法人、民間企業などが実施する養成研修で研修を積み、
まずは、2・3級の資格を目指してみてください。

 

高齢化社会が進み、核家族化、少子化が進む昨今、
家族の介護だけでは高齢者や障害者を支えることが難しくなっています。
このため、介護に携わる仕事はニーズが急速に高まっています。

 

介護保険制度がスタートし、ホームヘルパーは社会的に知られるようになり、
注目を集めるようにはなっていますが、
まだまだ不足しているのが現状ですし、
今後、ますます高齢化社会が進むことを考えると、ますます求人は高まるはずです。
ホームヘルパーだけでなく、様々な介護職に関する資格を併せて取得しておくことで、
活躍の場が広がっていくでしょう。

 


FX業者選びのポイント