高卒でも就職できる資格.com

マンションリフォームマネージャーについて

マンションリフォームマネージャー試験は、
マンション専用部分のリフォームに関して、
専門知識によって管理組合や設計・施工などの専門チームと協力したり調整したりしながら、
依頼者の要望を実現すべく、
付加価値の高いリフォームを提供することができるように業務を勧めることができる能力を認定するものです。

 

マンションリフォームマネージャーの受験資格は特にありません。

 

試験内容は、「マンションリフォームのための建築の一般知識」、
「マンションリフォームに関する専門知識」、「設計製図試験」があります。
インテリアコーディネーターの資格を持っている人は、
手続きを行うことで学科試験が免除になります。

 

マンションリフォームマネージャーの学科試験と、設計製図試験の両方に合格すると、
マンションリフォームマネージャーという称号が与えられ、
マンション専用部分のリフォーム工事、
マンション大規模修繕、中古マンションの売買、インテリアデザイン、
マンション管理、建築や整備業の設計・施工部門、
建築設計事務所、住宅部品・建材メーカーなど、
多様な業種で活躍することができます。

 

マンションの数は年々増えていますから、需要も急増しています。
マンションの数が増えればトラブル発生件数も増えてきますし、
リフォームをしたいと考える人も多くいます。

 

マンションリフォームという
特有の制約や法令の知識を持っている人材は少ないので、
マンションリフォームマネージャーの資格を取得することで、
マンション住民だけでなく、管理人からも信頼感を得て活躍することができます。

 

マンションリフォームは、インテリアコーディネーターの資格でも行うことが出来ます。
ですが、マンションリフォームマネージャーの資格を併せて取得することで、
マンションの管理組合からの信頼もJPしますし、
施工主も安心して任せることができるようになるはずです。

 

マンションリフォームマネージャーの勉強法ですが、
マンション法や近隣住民との関係、上下階の騒音の問題、
水周りの排水向背など様々な問題があるので、独学ではなかなか難しい現状があります。
通信教育や専門学校などを利用したり、
問題集で集中的に勉強できるような書籍での勉強が必要です。


FX業者選びのポイント