高卒でも就職できる資格.com

シニアライフアドバイザーについて

シニアライフアドバイザー試験とは、
中高年齢者の生活に関して総合的に相談を受けることができる相談員としての技能を認定するものです。

 

高齢化社会が進み、高齢者の比率が高くなる今後、
中高年齢者が明るく安心して生活することができるよう、
生活全般にわたり色々な相談を受け、
個別に適切なアドバイスを与えることがシニアライフアドバイザーの仕事です。

 

具体的には、定年退職後や子育て終了後の人生を豊かに生活するために、
家族関係や生きがい、福祉・介護など中高年齢者の生活全般に関する相談をうけたり、
アドバイスをしたりします。

 

シニアライフアドバイザーは、
財団が設置する「シニア電話相談室」でシニアライフ全般に関する電話相談や、
シニア商品に関する調査や研究を財団が主催する「エイジングナビ総合研究所・研究会」で行う、
行政からの委託事業や行政と財団が連携して行う事業の遂行などで活躍します。
主に、ボランティア活動を主に遂行されますが、
活動の種類によっては必要な費用や活動謝金が支払われる事もあります。

 

資格取得の難易度は、講習と修了考査で取得することができるので易しく、
ファイナンシャルプランナーやケアマネージャーなどの有資格者が講習を受け、資格を取得しています。
講習は、自宅学習と体験学習、研修会です。
自宅学習では課題を提出し、体験学習では体験参加をしたレポートを提出します。
研修会は、通信講座受講開始から2年以内に、財団が指定する研修会に参加します。


FX業者選びのポイント