高卒でも就職できる資格.com

ファイナンシャルプランナーについて

ファイナンシャルプランはとは、
夢や目標に対して総合的な資金計画を立て、
経済的な側面から実現に向けて導く方法のことです。
計画的な資金を準備しておくことで、
夢や目標が叶います。
この夢や目標をかなえるために一緒に考え、
サポートするのがファイナンシャルプランナーです。

 

ファイナンシャルプランナーは、流動化する現代社会の中で、価値が高まっている資格の一つで、
税金や保険、年金、資産運用、金融、相続、不動産、住宅ローンなどの知識によって、
ライフプランの設計を行うお金のスペシャリストです。

 

ファイナンシャルプランナーの資格を取得すると、
金融機関、不動産会社、保険会社、住宅メーカーなど、
様々な業種への就職・転職が有利になるでしょう。

 

学習した知識は、就職や転職、スキルアップ、キャリアアップにも活かすことができ、
独立や開業も目指すことができます。
また、実生活でも幅広く役立つので、主婦にも人気がある資格となっています。

 

ファイナンシャルプランナーの具体的な仕事は、
相談者などのライフスタイルや価値観、経済環境を踏まえ、
家族状況や収入と支出のバランス、資産、負債、保険などのデータを収集します。
そして、ライフプラの目標を達成したり、問題や不安を解決するため、
長期的に、総合的に、様々なアドバイスや資産設計を行います。

 

また、弁護士や司法書士、税理士、公認会計士、社会保険労務士、保険の専門家、
不動産の専門家、銀行や証券会社などの専門家など、
必要に応じてこれらの専門家と連携し、相談者のライフプランを成功へ導くサポートをします。

 

ファイナンシャルプランナーの試験は、「金財」と「日本FP協会」の二つの機関で開催されています。
さらに、国家資格と民間資格が混同していますので、少し分りにくくなっています。

 

ファイナンシャルプランナーの国家資格は、
『ファイナンシャル・プランニング技能士1級〜3級」の3つがあり、
学科試験と実技試験の二つの試験があります。
実技試験も筆記です。

 

ファイナンシャルプランナーの民間資格は、
「AFP」と「CFP」の2つで、日本FP協会のみが開催しています。
CFPは、民間資格ですが、国際資格としても通用するので、
アメリカを始めとした海外でも活用させることができるため、
取得することで活躍の場がどんどん広がります。

 

ファイナンシャルプランナーは、資格を取得していないとできない仕事ではなく、
無資格でも仕事をすることはできます。
ですが、このような財産や不動産のような大切な分野の仕事なので、
資格を持っていることで信頼感につなげることができます。

 

ファイナンシャルプランナーのみを取得し、信頼を得て活躍する人もいますが、
多くは、税理士や、社会保険労務士などの資格を取得している人も、
更なる活躍の場の拡大のために、併せて取得することが多い資格試験でもあります。

 

ファイナンシャルプランナーは、対策をきちんとすれば取得できる資格試験です。
通信講座などで、ポイントを得た学習を積み重ねることで取得への道が早くなるでしょう。


FX業者選びのポイント