高卒でも就職できる資格.com

学童心理福祉アドバンスと学童心理福祉士補について

学童心理福祉とは、日本福祉財団が学童施設に勤務する指導員の知識を補完するために設けた資格です。

 

学童心理福祉には、
主任学童心理福祉士、学童心理福祉士、学童心理福祉補、学童心理福祉アドバンスの4つの資格があります。

 

概ね6歳から12歳の子供を「学童」といいますが、
この学童期の子供たちは心身ともにとても大きく成長する時期です。
ですが、この年齢の子供たちを取り巻く環境は、複雑化しており、
いじめ、不登校、虐待など、児童がらみの事件が頻発しています。

 

子供について、子育てについて「知っているつもり」であっても、
実際に子供と向き合うと、どう接すれば良いのか分らない事も多々あります。

 

このような社会情勢の中で「学童心理福祉アドバンスと学童心理福祉士補」の有資格者が求められています。

 

学童心理福祉アドバンスと学童心理福祉士補の資格は、
年齢制限や実務経験などを定めず、誰でも簡単に取ることができる資格です。

 

子供の成長を見守りサポートする「親」にも人気の資格ですが、
多くは、保育園や幼稚園、小学校、学習塾、英会話教室、スイミング教室、バレエ教室など、
子供と関わる機会の多い施設の職員などが学び、資格を取得しています。

 

大学や保育士養成機関で勉強する内容とは異なる観点からの学習も多くあるので、
保育士資格や小学校教諭免許を取得し、実務についている人たちでも
初めて触れる内容が盛りだくさんになっています。

 

学童心理福祉アドバンスと学童心理福祉士補の学習は、
学校に通って行うこともできますが、
通信講座でも学習できます。

 

心理分析や、心肺蘇生医療などの訓練を積んだ学童心理福祉アドバンスと学童心理福祉士補の資格を取得した人材が、
子供が集まる保育園や幼稚園、小学校、学習塾、英会話教室、
スイミング教室、バレエ教室などに常在することで、
子供たちの親だけでなく、
子供に安心な環境を提供することができます。

 

安心できる環境に身を置いている時間が長ければ長いほど、
子供の心は健やかに成長します。

 

子供を取り巻く環境がますます複雑化していくであろうことが懸念される今後
学童心理福祉アドバンスと学童心理福祉士補の有資格者のニーズはさらに高まっていくものと予測できます。


FX業者選びのポイント