高卒でも就職できる資格.com

販売士3級について

販売士の資格は、流通業全般の知識を学ぶことができます。
主に、小売店舗を運営するための基本的なしくみや
販売員としての基礎的な知識を学びますから、売り場の担当者や販売員が対象となります。

 

ですが、例えば、商品がどのようにつくられどのように流通しどのように販売されるかを知ることは、
営業の仕事をする人は、その知識を商談の武器にすることができますし、
システムを設計する人であれば、流通・販売・取引のしくみを知っておくことで有利になるはずです。

 

2級や1級になると、さらに学ぶ知識は多くなり、
小売業の販売技術に関する専門的な知識や、
企画、部下の指導や育成、部下の悩み解消など、
経営管理上の適切な判断に活かすことができます。

 

このようなことから、大手の小売業では、2級以上の資格取得を、
部課長への昇進試験として活用しているところもあるほどです。

 

就職で販売士の資格を活かしたい時には、
日本商工会議所主催の検定試験を受検し合格することを目指しましょう。
販売員としての基礎知識を持っていることが認められ、
就職活動や転職活動に有利になりますし、自身のスキルアップにも繋がります。

 

販売士3級の受験資格は、特に条件はないので、
学歴や国籍、性別、年齢に関係なく受験することができますし、
2級や1級からの受験をすることもできます。

 

3級の出題科目は、小売業の累計、マーチャンダイジング、ストアオペレーション、
マーケティング、販売・経営管理です。

 

勉強は、専門学校で行う人もいますし、
本屋さんなどで販売されているハンドブックで行う人もいます。


FX業者選びのポイント