高卒でも就職できる資格.com

食育インストラクターについて

食育インストラクターとは、人が健全な食生活を送ることができるよう
食べ物の選び方や調理に関する知識と伝えたり、食の楽しさを伝えたり、
アドバイスをしたりする専門家です。

 

食に関する意識が高まる昨今、
食育インストラクターなど食育に関する有資格者の活躍はますます期待されます。

 

平成17年に「食育基本法」が施行され、
たとえば小学校などでの食育指導も本格的になっています。

 

キレやすい子供、肥満、味覚障害・・・子供たちの職に関する問題も多く、
これらは、食生活の変化が原因であるといわれていることから、
子供には「食べること」の大切さを伝えていく必要があります。

 

また、大人の食生活の乱れに関する問題もありますし、
高齢化が進む中、国民のすべてが安全に食べ、健康になるための食育が必要です。

 

ですから、食育や健康管理に関わる仕事のニーズは増えていくものと思われます。

 

食育に関する資格は、食育インストラクターのほかにも、
食育エキスパート、食育指導士、食育アドバイザー、食育コミュニケーター、
食育コンサルタント、福祉食環境コーディネーターなどがあります。

 

食育インストラクターの活躍の場には、
スーパーなどの食品売り場や料理教室、レストラン、ホテル、
食に関するイベント会場などがあり、
食育講座の講師を務めたり、食品メーカーでは、商品の企画開発で活躍する事もできます。

 

食育インストラクターは、
NPO日本食育インストラクター協会の認定を受けることで取得できます。
認定を受けるためには、講座を受け修了することのみです。
飲食店やホテルなど食に関する職業に就いている人だけでなく、
食育に興味のある人であれば誰でも受験することができますし、
比較的簡単に取得できます。

 

食育インストラクターは「民間資格」です。
この資格に合わせて、栄養士や栄養管理士、調理士などの国家資格を取得すると、
ますます活躍の場が広がります。

 

食べることは、生きていくことに欠かすことが出来ない事です。
職業としての可能性も広がりますし、自分や家族のためにも役立ちます。

 

毎日当たり前のように食事を用意する主婦であれば、
健康な食生活をおくための知識は知っていて当然と思われがちですが、
十分な知識を持っている人は少ないですし、
どうしても冷凍食品やインスタント食品など手がかからないものを利用してしまいがちです。
時には、このようなものを利用し、楽しむのも食育ですが、
基本は、「愛情を持って手でつくること」です。
そのための知識をより多く学ぶことができ、生活に活かすことができるのが
食育インストラクターの仕事です。


FX業者選びのポイント