高卒でも就職できる資格.com

実践建築模型認定試験2級(建築模型・住宅模型デザイン2級)について

実践建築模型認定試験2級(建築模型・住宅模型デザイン2級)とは、
建築模型を作ってプレゼンテーションを行う技術や技能を評価する試験です。

 

建築設計者が思い描いているものを形にする方法には、
図面を書いたり、絵を書いたり、コンピューターグラフィックスを使ったりする方法がありますが、
最も人にその建築物のイメージを伝えやすいのは「建築模型」です。
建築物も複雑化している昨今、建築模型を作ることが出来る技術は、
ますます重要になっています。

 

実践建築模型認定試験2級(建築模型・住宅模型デザイン2級)には、
受験資格がないので、学年や年齢、性別、国籍を問わず誰でも受験することができ、
いきなり1級から受験する事もできます。

 

実践建築模型認定試験2級(建築模型・住宅模型デザイン2級)を
就職やスキルアップのために取得する人もいますが、
趣味の幅を広げるために取得する人もいます。
最近は、ドールハウスや鉄道模型を趣味として作る人が増えていますが、
これらの模型を作るときにも現実と実践を併せ持った実践建築模型検定試験で学ぶことが多く活かされます。

 

仕事で実践建築模型認定試験2級(建築模型・住宅模型デザイン2級)を活かすことができるのは、
建設会社やハウスメーカー、設計事務所などです。
趣味が仕事になる、ステキな資格ですね。

 

資格取得のためには、独学では難しいので、
通信講座を利用するのが良いと思います。
模型セットがついている通信講座で、実践的な演習を行ってみてください。


FX業者選びのポイント