高卒でも就職できる資格.com

調理師について

調理師とは、安全な料理を作る調理の専門家のことです。
食品の栄養や衛生、適切な調理法などを学び、その知識を用いて安全な料理をつくることが調理師の仕事です。

 

調理師免許を取得すると、調理の経験と知識の証明ができるので、
社会的に評価が良くなります。
就職や転職、キャリアアップに活かすことができますし、
独立や開店を目指すこともできます。
飲食業界で働くのであれば、是非取得しておきたい資格です。
現在飲食業界で働いている人でも、
調理師免許を取得することによって給料がアップしたり、
職場でのキャリアがアップしたりすることもあります。
そして、もちろん、家庭内でも知識や経験を活かすことができます。
安全な食事を作ることは、家族のためにもなりますね。

 

さらに、調理師免許を取得すれば、例えば専門調理士や調理技能士、ふぐ調理士、
フードコーディネーターなどの資格を取得することができるようになり、
さらにキャリアアップを図ることができます。

 

調理師資格は、比較的簡単で受かりやすい資格試験でもあります。
合格率も高いので、ポイントを抑えた勉強で、合格することができます。
試験は実技や実習はなく、ペーパーテストだけです。
ただ、調理師資格を取得するには実務経験が必要です。
飲食店や魚介類販売、そうざい製造、学校・病院・寮などの給食施設で
2年以上調理事務に従事した証明書が必要です。

 

また、調理師資格を取得する時には、
厚生労働大臣指定の養成所で学ぶ方法もあります。
この場合は、国家試験の受験は必要ありません。
夜間の学校もあるので、働きながらの取得も可能です。

 

調理師免許試験は都道府県ごとに実施されていて、
試験科目は7科目(衛生法規、食文化概論、栄養学、公衆衛生学、食品学、食品衛生学、調理理論)で、
すべて択一式の問題です。
複数の都道府県でのかけもち受験もできるのも調理師資格の特徴です。
試験に合格すれば調理師の国家資格が与えられます。

 

調理師資格に合格し、就職をしても最初は給料も少ないというのが一般的です。
ですが、さらに上の資格を目指したり、現場での腕を磨けば、
年収1000万円を超えるシェフになる事もで着ます。

 

独立して開店するためには、調理に関する技術や知識は勿論必要ですし、
マーケティング、店の雰囲気作りなどの経営ノウハウも必要です。


FX業者選びのポイント