高卒でも就職できる資格.com

HSK(漢語水平考試)について

HSK(漢語水平考試)は、
日本の文部科学主に相当する「中国国家教育部」が実施する試験です。
1990年2月、専門家による審査を経て、
中国国家教育部が認可し、翌年から世界各国で実施されるようになりました。

 

英語圏の大学入試で行われるTOEFLIに相当する試験で、
中国語を母国語としない外国人学生や華僑、
中国少数民族等の中国語運用能力を測る統一標準化国家試験として、
中国国内を含め60カ国、290以上の試験会場で実施されています。

 

「財団法人アジア国際交流奨学財団」が
1991年に日本でも初めてこの試験を紹介しています。

 

HSK(漢語水平考試)は、国際漢語能力標準化試験で、
中国語を母国語としない中国語学習者の生活面や学習面、仕事面における
中国語のコミュニケーション能力を測ることに重点を置いています。

 

筆記試験は、HSK1級、HSK2級、HSK3級、HSK4級、HSK5級、HSK6級があり、
口答試験は、HSK初級、HSK中級、HSK高級があります。

 

 

このように、HSK(漢語水平考試)は、
数ある中国語検定の中でも中国政府公認の資格試験です。
また、世界規模で実施され、広く認知されているのもHSK(漢語水平考試)だけです。

 

ですから、HSKの成績証明書(スコア)は、中国国内だけでなく、
日本国内、世界中でも公的証明として活用することができます。

 

中国に現地法人をおく企業が増加している昨今では、
日本人が中国に住む事も多くなり、
また、中国人が日本に住む事も多くなっています。
中国現地法人での勤務や中国企業とのやり取り、
社内での中国人とのコミュニケーション、
日本でも、中国人顧客への応対など、様々な業種・職種で中国語能力が必要とされています。

 

最近は、HSKの級やスコアを昇進の基準としたり、
社内優遇制度に導入する企業も増えてきています。

 

とは言っても、このHSK(漢語水平考試)は、あくまで自分の語学レベルの目安として利用すべきものです。
つまり、結果がすべてではありません。
中国の人とのコミュニケーションをするための学習であることを前提にしたいですね。
実用的な中国語を身につけることを目標に、資格取得を目指してみてはいかがでしょうか。


FX業者選びのポイント