高卒でも就職できる資格.com

ひきこもり支援相談士について

ひきこもり支援相談士は、一般社団法人「ひきこもり支援相談士認定協議会」が認定する資格です。
ひきこもり支援相談士の資格は、講座を受講し、合格することで資格認定が受けられます。

 

ひきこもり支援相談士は、引きこもり地域支援センター、子供・若者総合相談センター、
子供・若者支援地域協議会などで活躍したり、
様々な機関や団体、家族会の相談員などとして活躍することができます。

 

ひきこもり支援相談士は、引きこもりの本人や家族に対し、
第三者として寄り添い支援を行います。

 

支援の内容としては、相談や紹介を受けた引きこもりの本人や家族の自宅に訪問し、
問題改善のための支援をしたり、家族との面談やカウンセリングを行い、
引きこもり回復への第一歩であるグループホームなど中間施設へ案内したり、
必要がある場合は医療機関に同行したりします。

 

現代社会では、ひきこもりは大きな社会問題となっています。
各都道府県には「ひきこもり地域支援センター」を設置し、
引きこもりの問題を解決しようと国を挙げて支援をしています。

 

ひきこもり支援相談士の受講者のほとんどは、
引きこもりの親や配偶者などの家族、学校の先生などがほとんどで、
引きこもり問題を何とかしようとする人ばかりです。

 

全国で150万人以上も引きこもりの人がいるといわれている昨今。
引きこもり問題を解決する、支援する人のニーズは高まっていくはずです。

 

受講内容は早くて1ヶ月、最大でも6ヶ月で修了する内容のようです。
誰でも受講することができる資格ですし、比較的早く取得できる資格であるといえます。


FX業者選びのポイント