高卒でも就職できる資格.com

ネイリスト検定について

ネイリスト検定は、ネイリストとしての技術は勿論、知識の向上を目的とした検定試験です。

 

ネイリストに関する資格には色々な資格がありますが、
最も歴史と実績があるのは、1997年にスタートしたJNEC主催のネイリスト技能検定試験です。

 

ネイリストは、「華やかに爪を彩る仕事」だけでなく、
爪に関するケアのすべての知識や技術が必要です。
資格がなくても、ネイリストとしてサロンなどで働くこともできますし、
お友達の爪をきれいに飾ってあげる事もできます。
勿論、自分の爪もきれいにする事も可能です。

 

ですが、特に仕事としてネイルをする場合、
サロンなどでは資格を持っていることが大前提となります。

 

ネイリストは、自分の趣味を仕事として活かすことができますし、
自分のライフスタイルに合わせた仕事をすることができます。
自宅の一室をサロンにして、ネイリストのしかくを活かし
収入を得ている人もいます。

 

ネイリストの主な仕事はネイルアートですが、
爪の手入れ全般も仕事になりますし、
お客さんの爪の状態を観察して、どのようなケアが必要化などを見極める事も必要です。
ですから、ネイルの技術やセンスだけでなく、爪に関する知識も必要です。

 

そこで、専門的に学習することが必要です。
ネイリストになるためのスクールもありますが、
ほとんどの人は通信講座や独学で学んでいます。

 

ネイルのセットが一式揃った通信講座などは人気で、
ネイリストの資格は取得しないけれど、自分で自分の爪をネイルしたいという人にも人気です。

 

プロのネイリストを目指すのであれば、資格取得は必須です。
ですが、ネイリストの資格は様々です。
知名度の高い、どこにでも通用するレベルの資格試験に受かることが必要です。

 

ネイルリスト検定は、実技試験と筆記試験があります。
実技は、ネイルケア、カラーリング、チップ&ラップ、ネイルアート、
ネイルエクステンションと言うように級によってレベルが高くなります。

 

ネイリストとして働くためには、ネイルサロンで働く、自分でネイルサロンを開業する、
フリーのネイリストとして働くなど様々な方法があります。
自分でネイルサロンを開業する場合は、経営能力に関する知識も必要ですし、
フリーで働く場合は、顧客との信頼関係を築き、積極的に人脈を作る事も大切です。

 

また、お客様の話を聞いたり、希望に合ったネイルを施すことがネイリストの仕事ですから、
ヒューマンスキルも必要ですね。


FX業者選びのポイント