高卒でも就職できる資格.com

看護助手(メディカルケア・アシスタント)について

高齢化が進む昨今、医療関係の人材確保は重要な課題として重くのしかかっています。
例えば、看護師も不足していますし、介護関係の有資格者もまだまだ足りていません。
ですが、看護師などの増員は限定的です。
そこで、医療機関では、「看護助手」と言う職業などにも注目しています。

 

看護助手は、資格がなくてもその仕事をすることができます。
ですが、直接的に注射をしたり、手術を手伝ったりと言うことはありませんが、
病院や高齢者の施設などで働くスタッフは人の命を預かります。
ですから、資格を取得している人を前提に採用試験も行われています。

 

看護助手も、もともとは資格のない人がパートなどでその仕事を担っていましたが、
最近は、看護助手の資格もでき、知識を持った人がその仕事を担うように変化しています。

 

看護助手は、その名の通り、医師や看護師などの仕事をてつだいます。

 

看護助手として働くには、一つの部署だけで働くのではなく、様々な部署へ派遣され働くことになります。
例えば、病棟で働く看護助手「病棟看護助手」などがあります。
具体的にはベッドのシーツ交換や病室の管理、
看護師が仕事をしやすいように環境をつくったり、
カルテを受け渡しし、患者さんの状態を報告したりします。
また、看護助手が食事や入浴の介助を手伝う事もします。
看護助手は、看護師と違って免許がないので、医療行為に当たる事は行うことができませんから、
基本的に雑用系の要素が強い職業だといえます。

 

看護助手になるための学習は、通信講座で学ぶことができます。
特に資格を持っていなくても、病院では看護助手として採用してくれるところもありますが、
やはり、資格に相当する知識を持って仕事に当たりたいということで、
働きながら、看護助手の勉強をする人もいます。

 

看護助手は、看護師と比べ人件費をやすく抑えることが出来るというメリットが施設にあります。
よって、求人も増えてくると思いますし、
激務である看護師が働きやすい環境を整えるためにも、ニーズが高まってくると考えられる職業です。

 

縁の下の力持ちとして、看護師や医師を支え、
患者さんのお世話をする看護助手の仕事は、心の器の広い人でないと務まりません。
医学的な知識と同時に、ヒューマンスキルを磨く事も大切です。


FX業者選びのポイント