高卒でも就職できる資格.com

カラーコーディネーター検定試験について

カラーコーディネーターは、色に関するスペシャリストです。

 

あらゆるものに「色」があり、その色は、人の心理に影響を与えます。

 

それぞれにある色の特性を理解し、
ウマく活用することができるカラーコーディネーターによって、
人の心の状態を良い方向に変えていくことも可能です。

 

カラーコーディネーターは、色の特性を活用し、
それぞれのシチュエーションに合った色を選択していきます。

 

様々な企業に所属し、その企業が発売する商品や広告について、
どのようなレイアウトが人の気持ちをひきつけるのか、
どのような色合いにすると人の心に印象付けられるのかなどを考え、
助言するなどの仕事をします。
また、商品だけでなく、建物や町の外観などに対するカラーコーディネートを行ったりもします。

 

カラーコーディネーター検定は、商工会議所が試験の主催団体になっていて、
色に関する知識、その知識をビジネスの分野で活用する力があるかどうかについて考査されるものです。
1級、2級、3級とあり、それぞれに難易度が設けられています。

 

そして、カラーコーディネーターになるには、
どうしても資格が必要だという訳ではありませんが、
実際にカラーコーディネーターを名乗り、職についている人は、
民間資格を取得しています。

 

カラーコーディネーター資格試験は勿論、
色彩検定と色彩士検定も必要でしょう。

 

カラーコーディネーターとして働くためには、
このような資格試験を取得することでステータスが高まります。

 

そして、その技術を持って、色々な分野でその知識と技術を発揮していくことになります。
就職先としては、普通の会社員の人もいますし、
専門的に色を扱う職場、例えば、アパレル、流通、広告、コスメ、フラワー、
インテリア、各種メーカー、教育、環境設計、建築などで働く人もいます。

 

専門的に色を使う仕事や色彩講師、
カラーデザイナーとして活躍したいのであれば、
1級の取得を目指したいですね。

 

身近な生活のなかに「色」は溢れています。
色が持つイメージ、心理を動かす力を、ビジネスや日常の様々な場面で活かすことができる資格として
カラーコーディネーター資格試験は人気です。

 

高卒でも取得できる資格ですし、日常に活かしたいのであれば2・3級でも十分。
色に興味を持つことができるのであれば、是非取得しておきたい資格試験です。


FX業者選びのポイント