高卒でも就職できる資格.com

税理士について

税理士の仕事は、税理士または税理士法人以外の人が行うことはできません。
税理士は、税理士証票を携帯していて、バッジを着け、税理士会に所属し、
日本税理士会連合会の名簿に登載されています。

 

税理士の仕事は、企業の経営者や個人に頼りにされ、とてもやりがいのある仕事です。
例えば、企業の経営者に頼りされ、経営改善ができれば、経営者と共に喜びをわかちあえることができ、
報酬も大きくなります。
税理士として働いている人は、税理士の資格だけでなく、
社会保険労務士、行政書士、中小企業診断士の資格も取得する人が多いですね。

税理士の仕事

  • 依頼者の代理として確定申告や青色申告の承認申請、税務調査の立会い、税務署の更正・決定に不服がある場合の申し立てなどを行います。
  • 税のことで分らないことや困ったことがあったとき、知りたいことがあったときに相談に応じます。
  • 依頼者にかわって、確定申告書や相続税申告書、青色申告承認申請書、その他税務署に提出する書類の作成をします。
  • 確定申告の際、e-Taxの代理送信を行います。
  • 税理士業務に付随して、財務書類の作成や会計帳簿の記帳代行、その他、財務に関する様々な業務を行います。
  • 補佐人として、会計参与としての業務を行います。
  • 社会貢献、税の専門家として業務を行います。

このように、税理士には多くの業務があり、幅広く活躍しています。

税理士になるには

税理士になるためには、以下のいずれかに該当する必要があります。

  • 税理士試験に合格する。
  • 税理士試験を免除される。
  • 弁護士(弁護士となる資格を有する)。
  • 公認会計士(公認会計士となる資格を有する)。

私たちが生活をするためには、必ず税金が関わってきます。
毎年の確定申告に関しても、事業承継や土地・家屋の譲渡などの相談など、
秘密を守り相談にのるのが税理士です。

 

税理士になった後は、独立して開業をする、税理士事務所へ就職する、
企業の税務部門へ就職するなどがあります。

 

また、税理士は社会貢献ができる職種でもあります。
例えば地方公共団体の外部監査制度、裁判所の民事・家事の調停制度、
成年後見制度などに参画したり、
租税教育への取り組みなど、税理士としての専門知識を活かし、社会に貢献しています。


FX業者選びのポイント