高卒でも就職できる資格.com

社会保険労務士について

社会保険労務士は国家資格で、人事や労務管理、年金の専門家として、
年金や医療、雇用保険といった様々な分野で活躍することができます。

 

合格者の35%が女性。
社会保険労務士の仕事は、女性の決め細やかさを活かすことができる仕事が多いので、
女性にも人気の資格となっています。

 

社会保険労務士は、「人」に貢献できる仕事です。
経営の三大要素といえば「人・モノ・金」ですが、
社会保険労務士は、「人」である従業員のことを第一に考えた環境づくりをしていきます。
例えば、労働時間、安全衛生、福利厚生などを整備・改善するのが仕事。
経営者や従業員から信頼を得て、社会で活躍することができます。

 

社会保険労務士には、企業の人事や総務部で活躍する勤務社会保険労務士と、
独立して開業して活躍する開業社会保険労務士がいます。
企業で働く場合は、社会保険労務士の資格を持っているということで就職や転職に有利になりますし、
資格手当をもらうことができる場合もあります。
独立・開業する場合は、比較的独立費用も安く、自宅でも開業ができます。

 

少子高齢化が深刻化し、年金・医療制度が不安視されている現代、
社会保険制度に関して大きな注目が集まっています。
その中で、社会保険制度に関する正しい情報を提供することができ、
アドバイスができる人材である社会保険労務士は、ニーズが高まっている職種であるといえます。

社会保険労務士の仕事

手続代行業務
雇用保険や健康保険、厚生年金保険など各種社会保険に関する書類を作成したり、

手続きを代行したりします。
手続き代行は、社会保険労務士の独占業務ですから、有資格者しか行うことができません。

書類作成業務
賃金台帳・就業規則の作成などを行います。

書類作成業務は、社会保険労務士の独占業務ですから、有資格者しか行うことができません。

コンサルタント業務
人事制度・退職金制度や年金についての相談、

社員教育、労務管理に関するコンサルタント業務を行います。

社会保険労務士の資格試験

試験はマーク式です。

 

合格定員が決められている試験ではないので、
合格基準点以上を取れば、順位に関係なく合格できます。

 

合格率は例年9%ほどです。

 

試験範囲が広いので、独学での学習は難しいといわれている資格試験です。
バランスよく広範囲に渡る勉強を行うことが必要です。


FX業者選びのポイント