心理カウンセリングが役立つ仕事.com

開業カウンセラー

開業カウンセラーは、相談者の相談にのる仕事です。

 

相談者の相談内容は、家族の悩みや仕事の悩み、個人的な悩みなど様々で、
その深刻度も人それぞれです。

 

開業をする際、特に資格は必要ありません。
ですが、心理カウンセリングのノウハウを十分に活かしたカウンセリングを行いたいですから、
大学や大学院などで学んで臨床心理士資格を取得し開業する人もいますし、
各種団体の講座で心理カウンセリングを学んで開業する人もいます。
どこまで専門的に、相談者の相談にのり、カウンセリングをしたいかにより、
学ぶ内容、種類、レベルなども様々です。
開業する場所も自由で、マンションの一室などで開業したり、
オフィスを構えて開業したりしています。

 

臨床心理士とは、臨床心理学に基づいた知識や技術を用いて、
人の心の問題にアプローチする専門家です。
開業カウンセラーとして活動するのであれば、
資格はないよりもあったほうが信頼感の面で良いですね。
臨床心理士は、もともとは民間の資格ではありませんでしたが、
最近、ニーズが高まり、公的なものになっています。

 

カウンセラーとして、人の心の相談にのることを職業にするのであれば、
修士の資格を取得しておくことがとても重要だと思います。

 

また、仕事として開業カウンセラーを軌道に乗せるには、
それなりに経験も必要ですし、時間がかかります。
開業前には、他の仕事をしながらボランティアとして働くなど、
臨床経験を積む事も必要です。
臨床経験をしながら、「将来開業します。」と言うように宣伝する事もできます。

 

相談者は、カウンセリングに相談していることを知られたくない事も多くあります。
ですから、営業活動がし辛い職業でもあります。
チラシやパンフレットを使って営業をする事もできますが、
まずは実績と信用を積むことが第一であると言えるでしょう。
開業してからも、引き続き無料相談会などでボランティアをしながら、
集客する事も必要です。
そして、開業に当たっては、立地、開業する部屋構え、インテリアなどのセンスも重要ですし、
経営者としてのビジネスセンスも必要です。

 

また、開業にこだわらなくても、ホームページやブログを開設し、
フリーで活動する事もできます。
フリーで活動する場合も、開業届は必ず提出が必要ですが、
名刺を用意して、役所などに宣伝をする人も多いそうです。


FX情報の口コミ