心理カウンセリングが役立つ仕事.com

ヒーリング系セラピストにも心理カウンセリングの資格が役立ちます

ヒーリング系セラピストは、「心理系スペシャリスト」の中でも
癒し(ヒーリング)のスキルを中心にしたものです。
特に決まった名称はないので、肩書きは人それぞれです。
仕事内容も特に決まっていませんが、
主に、相談者の話をよく効き、その相談に対する答を専門家として出しながら、
人の心を癒すためにアドバイスをします。

 

心へのアプローチだけでなく、
西洋占術や風水、パワーストーンなどのツールを使い、
アドバイスをする人もいます。

 

また、最近話題のカラーセラピーやアートセラピーなど
比較的新しい分野の理論を使い、
相談者の心の悩みを発見して解決の糸口を探り、
アドバイスをするセラピストもいます。

 

このように、ヒーリング系セラピストは、
専門的な心理学的手法の高度なスキルを使うのではなく、
どちらかと言うともう少し軟らかく、和やかな雰囲気の職種です。

 

相談者の話を穏やかに和やかに聞き、その心に寄り添わなければならないので、
人生経験がモノをいう場面も多い職種だといえるでしょう。

 

 

ヒーリング系セラピストになりたい場合、
特に資格を取得しなければならないというものはありません。
ですが、アドバイスに使うツールなどがあれば、
そのツールや、自分の興味のある分野の講座を受講したり、
別に、心理カウンセリングの技術を学んだりすることが必要です。

 

さらに、人生経験がモノをいう職種でもあることから、
過去の経験、傾聴スキルなど個人の資格があると良いでしょう。

 

最近話題のカラーセラピーやアートセラピーなど
比較的新しい分野で働きたい時には、
各団体が主催する講座を受講し、
資格認定をされる必要があります。
このような講座には、心理カウンセリングの基礎も組み込まれています。

 

そして、ヒーリング系セラピストとして働くのであれば、
営業が必要ですし、副業として働くのか、本業にするのかを事前に検討しておきたいものです。


FX情報の口コミ