心理カウンセリングが役立つ仕事.com

心理職公務員にも心理カウンセリングの資格が役立ちます

心理職公務員は、公的機関に所属して働く心理の専門家です。
心理学の専門知識を活かしながら、国民や県民の求めるサービスを提供し、
公務にあたります。

 

心理職公務員が働く場は、「保健・医療」、「福祉」、「教育」、
「司法・矯正・警察」などの幅広い分野があります。

 

心理職公務員になるためには、まず該当する国家・地方公務員応募資格を満たし、
採用試験に合格した後、希望期間から採用されることが必要です。

 

地方公務員の場合は、職種によって欠員が出たときに求人募集が出る事もありますが、
ほとんどは採用試験は年一回で、同時期に一斉採用が行われます。

国家公務員の例

警察庁科学警察研究所で働く

警察の捜査では、鑑識活動や科学捜査も行われます。
科学警察研究所では、いくつかの研究所において心理系の研究が行われていて、
心理職を採用しています。

法務省専門職員として働く

少年鑑別所や少年院に勤務する法務教官としての仕事があります。
法務官は深い人間愛と専門知識を必要とし、
施設においては少年少女の親となり、
すべての面での面倒をみなければなりません。
また、少年鑑別所の場合では、少年鑑別所に送致された少年の身柄を保護し、
スムーズに審判が受けられるよう心の安定を図り、
面接や相談助言をして改善の可能性、少年の問題性などを探ります。

 

少年院では、少年院に収容された少年少女の円滑な社会復帰を図るため、
個々の抱える問題について相談にのり、助言をして、
集団活動、面接なども交えながら健全なものの見方、考え方、行動の仕方を指導します。
さらに、余暇を健全に有効的に活用することができるよう、
レクリエーションの指導や矯正教育などを行います。


厚生労働省職業安定局で働く

厚生労働職業安定局では、雇用の創出・安定を図ること、
雇用不安を払拭するための雇用政策の推進などを行っています。

裁判所専門職員<人間科学>家庭裁判所調査官として働く

家庭内の紛争や、未成年の非行問題を専門的に扱うのが家庭裁判所です。

 

家庭裁判所調査官は、審判や調停において重要性を有する調査報告書を作成します。
当事者の人生に大きな影響を与える職業でもあることから、
専門知識以外にも、人間らしい寛容さ、優しさ、思いやり、粘り強さが必要とされる職場です。

地方公務員の例


福祉事務所で働く

住民の生活を支える地方自治体で、
社会福祉に関することを専門的に行っているのが「福祉事務所」です。
社会福祉全般に関する色々な問題に関して、住民から相談を受け、
面接などを通じて援護や保護、施設入所などの措置をします。

 

生活保護業務を担当すれば、生活保護の新規申請受付や毎月の保護決定、
生活保護受給者を定期的に訪問し相談や助言、指導を行います。

 

身体障害者を担当すれば、相談や援助を行い、
身体障害者手帳の交付や関連制度の照会、在宅生活の支援、施設利用の案内や紹介をします。


児童相談所で働く

18歳未満の児童を対象に、様々な問題に対する相談に応じて最も効果的だと思われる援助を行うが児童相談所です。
様々な問題とは、発達、性格、行動、非行、自動虐待などで、
必要に応じて関連機関と連携をしながら心理診断やカウンセリングを行います。

精神保健福祉センターで働く

精神疾患・精神障害、薬物・アルコール依存者などの心の悩みや、
本人だけでなく家族に対しても相談にのり面談や心理検査を行います。

児童自立支援施設

劣悪な家庭状況の理由により保護されている児童の自立、生活支援を行います。


FX情報の口コミ