心理カウンセリングが役立つ仕事.com

ソーシャルワーカーにも心理カウンセリングの資格が役立ちます

ソーシャルワーカーとは、ソーシャルワークをする人のことです。
ソーシャルワークとは、社会福祉の専門的技術の一つで、
面接を行い、困っていることや悩んでいることを聞き、カウンセリングをして、
社会的資源を用いて、総合的、包括的に援助して行きます。

ソーシャルワーカーには、社会福祉士、精神保健福祉士、介護福祉士、
ホームヘルパー(訪問介助員)、ケアマネージャー(介護支援専門員)、
心理判定員、児童心理士などがあり、
いじめに悩む子供やホームレス、ネットカフェ難民、長期入院の患者さんなど、
あらゆる人をサポートします。
また、本人だけでなく、家族に対しても援助や助言を行います。

ソーシャルワーカーになるための主な資格としては、
社会福祉士(「ソーシャルワーカー」という仕事に就くための国家資格)、
精神保健福祉士、介護福祉士などの資格があります。

ソーシャルワーカーは、社会や生活環境などを改善するために仕事に就く人たちの総称を言います。
ですから、無資格であっても働くことができる職場もありますが、
一般的には、
  • 福祉系の大学を卒業すること。
  • 実務経験は4年以上+短期間養成施設を終了すること。
  • 社会福祉士国家試験に合格することが必要です。
ソーシャルワーカーが支援する対象と内容は以下のようになります。
障害者支援>

身体障害者厚生相談所、福祉事務所、障害児施設、厚生労働省などで
障害のある人の雇用や社会制度活用をサポートします。

身体・精神・知的などの障害のある人に対し、
その能力とニーズを把握しながら就業をサポートしていきます。

低所得者支援

福祉事務所や市区町村役場で、経済的に困難を抱えている人に対し、
生活を立て直すための相談を受けたり、具体的な解決へと導くための支援をします。

ネットカフェ難民やホームレス、生活保護者の自立支援など経済的な問題だけでなく、
「ひきこもり」などの社会と切り離された生活を行っている人も支援します。

子供を支援

学校などの教育機関、自動養護施設、母子生活支援施設、家庭裁判所、保育所などで、
いじめや不登校、虐待・DV、子育て支援のサポートをします。

不登校などの問題であれば、スクールソーシャルワーカーが一緒に解決へと導きます。

子供たちの気持ちを大切にし、
親や学校、その子が活用している学校外の環境外にも働きかけ、
家族の支援も行います。

高齢者の支援

グループホームやデイケアセンター、特別養護老人ホーム、
福祉事務所、市区町村役場などで
一人暮らしの高齢者が、孤立しないような生活環境を目指します。

老老介護の問題や独り暮らしの高齢者に目を向け、自立を支援します。

入院患者さんの支援

病院の医療相談室やリハビリ施設などで、
病気や怪我などによって長期の入院生活を送る患者さんの不安を解消し、
退院やその後の生活を支援します。

保障や保険、福祉サービスなどに関わる情報を、
専門的な知識を素に提供し、
患者さん本人だけでなく家族に対しても、
医師、看護師などと連携をとりながら支援します。


FX情報の口コミ