心理カウンセリングが役立つ仕事.com

保育士・教員にも心理カウンセリングの資格が役立ちます


保育士

保育士や教員は、子供たちの健全な発育を補助する仕事です。

 

保育士は、認可保育所や認可保育施設、乳児院、
児童福祉施設、知的障害児施設などで
発達段階の子供たちに生活習慣の基本的なことや、
遊びなどを通じて知識や教養、集団行動を身につけさせる役割を担います。
感受性が豊かで個性の強い子供たちを相手にする仕事ですから、
子供たちの心をより理解し、接する必要があります。

 

少子高齢化社会といわれていますが、保育士の数は不足の傾向にあります。

 

保育士になるためには、厚生労働省の規定する専門学校・短期大学・
四年制大学・厚生労働大臣指定の保育士養成施設で専門の教育を受け、卒業する方法と、
保育士試験に合格する方法の二つがあります。

 

厚生労働省の規定する専門学校・短期大学・
四年制大学・厚生労働大臣指定の保育士養成施設で専門の教育を受けた場合は、
卒業と同時に保育士資格を取得することができます。

 

保育士は国家資格で、取得後は、保育所や各施設に就職をします。


教員

教員は、小中学校、高等学校、盲学校、聾学校、養護学校などで
学科指導や生活指導などを担います。
保育士とは異なり、学科指導が重要な役割になりますが、
児童や生徒との人間関係の構築も重要です。

 

学校生活をより健全で、子供たちが安心できる場とするために、
子供たちを良く観察し、相談にのってアドバイスをしたり、
いじめや不登校、非行、暴力などへの対応をする事もあります。

 

保護者へ児童や生徒の生活ぶりを報告したり、
進路相談を行うなど、保護者を交えて懇談会を開く事もあるので、
心理カウンセリングを活用できる場面は多くあります。

 

教員になるには、教育系の短期大学・四年制大学で指定の単位をとり、
各種教員免許試験に合格する必要があります。
高等学校の卒業者であれば、「小学校教員認定試験制度」で試験に合格すると、
小学校二種免許を取得することができます。
そして、その後、教員採用試験に合格することが必要です。

 

教員の不祥事や不甲斐無さが目立つ昨今、教師の質が低下しているとも言われます。
何を根拠に「教師の質が低下をしているのか」と問いたいところですが、
明らかに教師の不祥事が後を絶たないことが、その理由として挙げられると思います。
ですが、公務員の不祥事は目立ちます。
一般のサラリーマンよりも教師のほうが質の低い人間が集まっているのか?というと、
決してそうではありませんし、
不祥事を起こす数も、教師のほうが多いとはいえません。

 

人間性を高め、いかにして子供に思いやりや助け合いの大切さを教えられるか、
人の弱さを真に理解し、子供たちに接することができるか・・・を問い、
教師を目指した以上、教師と言う仕事を楽しむことができると良いですね。

 

少子高齢化社会とは言っても、良い保育士・良い教員の数は不足しています。
少人数学級制も取り入れられ、今後ますます教員の人数は確保されるべきです。
子供たちの心に寄り添うことができる先生を、是非、目指してください。


FX情報の口コミ