心理カウンセリングが役立つ仕事.com

人事・総務にも心理カウンセリングの資格が役立ちます

人事・総務の現場での勤務の際、
心理カウンセリングを活かすことができると、
社員が心身ともに健康で働くことができるようになります。

 

人事・総務は、採用やキャリアカウンセリング、メンタルヘルスなどを司ります。
人事的な業務を行う職種としては、
一般企業の人事や総務部スタッフとしてだけでなく、
派遣会社のコーディネーター、
大学の就職相談などキャリア課の職員としての活躍の場があります。

 

心理カウンセリングのスキルは、
人事や派遣会社のコーディネーターとして社員や派遣登録スタッフに対して、
大学のキャリア課の職員としては、学生へのキャリアカウンセリングの場で活用できます。

 

人事の場合は、会社が個人に課したい目標や役割と、
個人が考える目標や役割、将来像が異なる場合もあるので、
そのような場合に、会社と個人の方向性のすり合わせを行い、調整したりします。

 

総務では、メンタルヘルスに関わる業務があります。

 

うつ病やメンタル不調を抱える社会人が多い昨今です。
成果主義導入企業が増加し、終身雇用は不安定なものとなってる中、
職場環境の激変によって、大きなストレスを抱える社員が多くなっています。
不調のサインを出している社員の心の状態に早く気付き対処することができる
心理カウンセリングスキルを持つ人員は重宝されるでしょう。

 

企業が従業員に対してメンタルヘルス対策を行うことを、EAPと言います。
EAPを導入することにより、企業には、従業員のストレス症状の軽減効果は勿論、
医療費や傷病手当の削減、労働災害や欠勤日数の減少、離職率の低下など、様々なメリットがあります。
その結果として、各社員の業績が向上するので、企業全体としての成績も向上します。


FX情報の口コミ